「まつりの技法」~映画から身体表現を立ち上げるワークショップとトーク~|Art of Festival

映画『Necktie』(監督:七里圭/脚本:山形育弘)を、神村恵の振付で、「まつり(祭礼)」として、再創造する。まつり化する「Necktie」制作は、まつりを取り仕切る集団「ワンゲル」の立ち上げと合わせて、2020年を通じて進められ、2021年に発表(Whenever Wherever Festival 2021 を予定)。今回はそれを、ワーク・イン・プログレスとして公開し、参加者もその振付の一部を体験するワークショップを催す。
また、ワークショップ後には、ディスカッションとともに、山本浩貴、鈴木一平(いぬのせなか座)をゲストに迎えるトーク・イベントも行う。
“「まつりの技法」~映画から身体表現を立ち上げるワークショップとトーク~|Art of Festival” の続きを読む

Playing, not learning.

Why do I (we) tend to work harder on something useless, than on something useful or purposeful?
Recently I am learning Korean language by myself just for time-killing. It’s actually not a learning but just a game. Here I sort out the way how I play the “game”.

At train stations in Japan, station names are shown also in Hangul (Korean alphabet). I had an idea of learning Hangul through those signs.
As referring the basic rules on smart phone, I started decoding the letters by comparison of station names.
Each character consists of the combination of consonant letters and vowel letters. There are only 24 letters in total, so it’s easy to read once you learn the basic rules and each letter’s sound.
Hangul is phonogram like alphabet, and the composition of each letter resembles Chinese character.

何かに役立つことをやろうとしたり、目標を立てたりするとやる気が湧かず、特に役立たないことの方が、やる気になるのはなぜなのか。最近暇つぶしに、あるいは現実逃避的に韓国語を勉強している。勉強というより、単にゲームとしてやっている。
備忘録的に、自分のやり方を整理してみた。
“Playing, not learning.” の続きを読む