Profile

神村 恵

ダンサー/振付家

幼少よりバレエを学ぶ。
2000年、国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。
同年より、オランダのロッテルダムダンスアカデミーにて1年間学ぶ。
04年よりソロ作品を発表し始め、これまで、イタリア、韓国、インドネシア、フィンランド、英国などを含む国内外の様々な場所でパフォーマンスを行う。
他のアーティストとの共同制作も精力的に行っている。
11年5月より、美術家・高嶋晋一とのユニット「前後」としての活動も開始。
16年より美術家・津田道子とのユニット「乳歯」を始動。

近年は、言葉と動きの関わりに関心を持ち、それらの間で変換を行う仕組みを利用した作品などを制作している。
物質としての体、感覚する主体としての体、何かを指し示す体、が交差する場としてダンスを立ち上げる方法論を探っている。

主な公演歴

 

Megumi Kamimura

choreographer/dancer

She started ballet training in childhood.
In 2000 graduated from International Christian University in Tokyo.
From 2000-2011, she studied in Rotterdam Dance Academy.
In 2004, started creating solo pieces and has been performing in various places including Indonesia, Italy and Korea.
In 2006, launched her own company.
In 2010 started a performance project “Zen-go” with visual artist, Shinichi Takashima.
In June 2012, joining the residency program “Rules&Regs” stayed in Brighton, UK and presented a solo piece.
In Sep. 2012, performed a company piece at National Modern Art Museum Tokyo.

Her major works are “Placement and Forest”,”Enclave”, and “Diagonally”.
She has been investigating methodology to generate “dance” at the crossing point where bodies in different dimensions meet; body as material, body as an actor to feel something, and body as a tool to indicate other things.
Her methodological approach in creation and the raw physicality exposed in it have a strong presence.

Selected lists