SCREEN BABY #2|スクリーン・ベイビー #2

TOKAS本郷 OPEN SITE 2019-2020
乳歯(神村恵+津田道子)
【スクリーン・ベイビー #2】

小津安二郎などの映画作品からいくつかシーンを取り上げ、登場人物の身体の動きを振付として捉えて、分析、スコア化、再現・撮影し、それを検証するレクチャー・パフォーマンス。映画から動きを抽出する試みと共に、性別、年齢など、人物の属性による動き方や配置の特徴についての検証も行う。これは、映画をダンスとして見て、その中に入る修行である。

2020年 1月24日~26日
会場 トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースA(1F)
上演時間  約70分

企画・演出 乳歯
出演 神村恵、津田道子
舞台補佐 藤川琢史
舞台美術 佐々木文美
撮影 中川周
宣伝美術 松本直樹
主催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 トーキョーアーツアンドスペース

https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2020/20200124-6966.html

撮影:bozzo
画像提供:トーキョーアーツアンドスペース

山﨑健太さんによる【スクリーン・ベイビー #2】レビュー
https://artscape.jp/report/review/10160468_1735.html

[TOKAS Hongo OPEN SITE 2019-2020]
babytooth (Megumi Kamimura + Michiko Tsuda)
“SCREEN BABY #2”

Using several scenes from films by OZU Yasujiro and others, bodily movement of characters is viewed from a choreographic perspective, analyzed, scored, reproduced, and filmed, and the results are examined in this lecture-performance. The attempt to extract movement from film as well as the characteristics of positioning and manner of movement based on character attributes such as gender and age will also be examined. This research explores viewing film as dance and the injection of oneself into it.

1/24~1/26,2020
Venue: Tokyo Arts and Space Hongo, Space A (1F)
Duration: 70 minutes

Produce/Direction: babytooth
Performance: Megumi Kamimura, Michiko Tsuda
Stage Assistant: Takashi Fujikawa
Scenography: Ayami Sasaki
Camera: Shu Nakagawa
Visual Design: Naoki Matsumoto

Hosted by Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo Arts and Space

https://www.tokyoartsandspace.jp/en/archive/exhibition/2020/20200124-6966.html

Photo:bozzo
Photo Provided by Tokyo Arts and Space

bozzo