STREET MUTTERS #2

路上にある標識や表示を観察・採集し、その意味や指示を受け止め、それに従い自発的に動かされてみるダンス公演。

振付・出演:神村恵、木村玲奈

日時:
2021年8月
6日(金)12:00 / 15:30
7日(土)12:00 / 16:00
8日(日)12:00 / 16:00
※20分前より開場。上演予定時間:約50分

会場:糸口(東京都青梅市)
※ご予約いただいた方に、詳しい住所と行き方をご案内いたします。

チケット:2000円(ご予約のみ)※ドリンク付

定員:各回8名

ご予約・お問合せ:info@kamimuramegumi.info
※ 7/6 より受付開始
※ご予約方法:件名に「SM2予約」、本文に「希望日時」「人数」「お名前」「当日連絡の取れるメールアドレス」「電話番号」をご記入ください。複数名でご予約の場合、全ての方のお名前とご連絡先をお願い致します。こちらからの返信をもってご予約完了となります。原則として24時間以内に返信いたします。

※定員に達した回は、受付を締め切りますのでご了承ください。
※予約キャンセルの場合は、お手数おかけしますが、 必ず事前にご一報ください。
※新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、中止となる可能性があります。あらかじめご了承ください。その場合、決定次第ご連絡いたします。

【感染症対策ご協力へのお願い】
・上演中は、マスクの着用をお願いいたします
・入口での検温、手指消毒をお願いします
・体調の優れない方、発熱している方はご来場をお控えください
・会場では、常時換気を行います

記録映像:日景明夫
ビジュアルデザイン:吉永晴彦

主催:神村企画
助成:

【プロフィール】
木村玲奈
ダンサー・振付家。青森市出身。東京を拠点に活動中。’19 -’20 セゾン・フェローⅠ。’20- ダンス当事者たちのコレクティブ「ダンス作戦会議」メンバー。’12 国内ダンス留学@神戸(振付家コース)を奨学生として修了。留学時から振付作品「どこかで生まれて、どこかで暮らす。」を継続し、今年で9年目。’08-’18 ショーネッド・ヒューズ(UK)と協働し、日本公演、海外ツアー等に参加。環境や言葉においての身体の変化や状態、人の在り方に興味をもち、レジデンス等に参加するなど国内外様々な土地で創作を試みてきたが、感染症下での創作、ダンスの在り方を模索する為、’20- 東京郊外に「糸口(いとぐち)」という小さな場を構え、ダンスと人・土地の関わり方、移動を読み直しながら、ダンスを後世に残していくことを試みている。https://reinakimura.com

——-

STREET MUTTERS #2

Dance performance in which street signs are interpreted as dance scores.
The possibilities of being moved initiatively will be explored by two dancers.

Choreography/Performance:Megumi Kamimura, Reina Kimura

Date&Time
August, 2021
6(Fri)12:00 / 15:30
7(Sat)12:00 / 16:00
8(Sun)12:00 / 16:00
※ Door opens 20 minutes before start. Duration:50 minutes (to be expected)

Venue:Itoguchi(Ome city, Tokyo)
※The address will be notified at reservation.

Ticket:2000 yen(Reservation only)※ Drink included.

Number of Seats: 8

Reservation/Inquiry:info@kamimuramegumi.info
※How to reserve: Please email with subject as “SM2 reservation” and date&time, your name, phone number, email address, number of ticket in the main message.
Your reservation will be completed as you receive our reply. Reply will be sent basically within 24 hours.

※ Please inform us in case of cancellation.
※ Please note that the performances are possible to be cancelled according to the pandemic situation.

Video Documentation:Akio Hikage
Visual Design:Haruhiko Yoshinaga

Organized by Kamimura Kikaku
Supported by The Saison Foundation