劇団ダンサーズ第二回公演「都庁前」|Dancers Drama Company “Tocho-mae”

ダンス作戦会議による、ダンサーのみで演劇を実践するプロジェクト「劇団ダンサーズ」の第二回公演。今回は、岡田利規による、能の形式を用いた戯曲「都庁前」を上演します。現代の日本・東京における女性差別、フェミニズムという、参加メンバーにとっても当事者性の高いテーマに取り組みます。

 

演出・出演:岡田智代 神村恵 木村玲奈 たくみちゃん

文芸部:桜井圭介 渋革まろん

照明デザイン:中山奈美

照明オペレーション:土屋光(SCOOL)

衣装アドバイザー:臼井梨恵(モモンガ・コンプレックス)

記録写真:松本和幸

記録映像:日景明夫

ウェブビジュアルデザイン:たくみちゃん

 

上演台本:

岡田利規「都庁前」(《NŌ THEATER》より)

岡田利規「未練の幽霊と怪物 挫波/敦賀」紹介ページ

https://www.hakusuisha.co.jp/book/b515824.html

 

2020年

10月9日(金)19:30-

10月10日(土)15:00- / 18:30-

10月11日(日)15:00-

開演30分前より開場

 

会場 SCOOL

 

チケット 3000円(予約のみ)

定員 各回25名

 

お問合わせ・ご予約フォーム:https://dance-kaigi.com/contact/

※ 9/19 10時より受付開始

※ご予約方法:「お名前」「メールアドレス」をご記入の上、本文に「『都庁前』予約」「電話番号」「希望日時」「人数」を明記ください。複数名でご予約の場合、全ての方のお名前とご連絡先をお願い致します。こちらからの返信をもってご予約完了となります。定員に達し次第、受付を締め切ります。

※予約キャンセルの場合は、お手数おかけしますが、 必ず事前にご一報ください。

※新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、中止となる可能性があります。あらかじめご了承ください。その場合、決定次第ご連絡いたします。

 

新型コロナウイルス対策について

本公演では、以下のような感染対策を行います。

・出演者・スタッフは1週間前より毎日検温します

・スタッフ、観客の皆様のマスクの着用を徹底します

・体調不良や発熱している出演者・スタッフは参加しません

・観客の方には、入口で検温させていただき、手指消毒をお願いします

・体調の優れない方、発熱している方はご来場をご遠慮いただきます

・開場前の客席アルコール消毒

・上演前後の換気

・通常の半分の定員で、距離をあけた座席の配置

 

「劇団ダンサーズ」とは‥‥

「ダンス作戦会議」から生まれたダンサーによる演劇プロジェクト。ダンスの枠組みの中で演劇的手法を用いるのではなく、ダンサーがあえて演劇を演劇として実践することで、演劇の中にあるダンス的な可能性を探る。日本近代演劇の代表的な戯曲を取り上げ、メンバーによる演出・出演のもと順次上演を予定している。

 

主催 ダンス作戦会議

助成 公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

公益財団法人全国税理士共栄会文化財団

 

出演者プロフィール

岡田智代
1956年生まれ。大学卒業後ダンスから離れ、三児の母になった後再び踊り始める。ソロ活動の他、ジェローム・ベル、山下残をはじめ国内外振付家の作品に出演。近年は演劇にも活動の幅を拡げる。静謐な時間と炸裂するエネルギーを併せ持ち、生きるように踊る。
(写真:松本和幸)

神村恵
振付家・ダンサー。2004年より活動を開始する。物質としての身体、言語に規定される身体、他者との関係によって動かされる身体など、身体を様々な側面から観察し、作品を制作・発表している。2016年より美術家 津田道子とのユニット「乳歯」を始動。
(写真:金川晋吾)

木村玲奈
ダンサー・振付家。青森市出身。現在、東京 / 神戸を拠点に活動中。知らないことが溢れているから、知ること、出会うことに興味がある。様々な距離、身体と向き合いながら、世界を知っていきたい。2020年度 セゾン文化財団セゾン・フェローⅠ。 https://reinakimura.com

たくみちゃん
分断のない世界をつくりたい。その過程で独自のインプロヴィゼーションを構築する。パフォーミングアーツ・美術・演劇など領域横断的に活動し、2018年より自身が審査員を務め優勝を決める「たくみちゃん杯」を主催。身体表現メソッドを交換可能化する試みとして、ワークショップの活動も積極的に行う。 横浜ダンスコレクション2016審査員賞(Aokid×橋本匠として)

————————-

Dancers Drama Company
The second performance “Tocho-mae”

Here comes the second performance by “Dancers Drama Company”, the drama project practiced only by dancers. OKADA Toshiki’s “Tocho-mae”, which is written in the form of Noh theater is staged by four dancers’ co-direction and performance. The members work through the theme which is directly concerned with them; misogyny/feminism in Tokyo, Japan in our time.

 

Direction/Performance:OKADA Tomoyo, KAMIMURA Megumi, KIMURA Reina, Takumi-chan

Dramaturg:SAKURAI Keisuke, SHIBUKAWA Maron

Lighting Design:NAKAYAMA Nami

Lighting Operation:TSUCHIYA Hikaru(SCOOL)

Costume Adviser:USUI Rie(Momonga Complex)

Photography:MATSUMOTO Kazuyuki

Video Documentation:HIKAGE Akio

Web Visual Design: Takumi-chan

 

Script:
OKADA Toshiki “Tocho-mae”(From《NŌ THEATER》)
Introduction of the text https://performingarts.jp/E/play/1808/1.html

 

2020.

10/9(Fri)19:30-

10/10(Sat)15:00- / 18:30-

10/11(Sun)15:00-

Door opens 30 minutes before start.

 

Venue SCOOL

 

Ticket 3000 yen(Reservation Only / 25 seats limited for each show)

 

Reservation Form:https://dance-kaigi.com/contact/

※ Reservation starts at 10:00, 9/19.

※ How to reserve:Please fill in your name, email address, “Reservation for Tocho-mae”, your phone number, date&time, and number of tickets.
Your reservation is completed as you receive our reply. Bookings will be closed as they reach the fixed number.
※ Please inform us in advance, in the case of cancellation.
※ Audience is kindly requested to wear masks. Please refrain from visiting if you are ill or have fever higher than 37.5℃.

Please note that the performances are possible to be cancelled, depending on the situation of COVID-19. The cancellation will be announced as it is decided.

 

About the countermeasures against COVID-19

The following measures will be taken at our performances.

・Performers and staff take temperature daily from a week before the performances.

・Performers and staff who are ill or have fever will not participate.

・All the staff wear face masks.

・Audience is kindly asked to take temperature and disinfect the hands at the entrance, and to wear face masks.

・Anyone who are ill or have fever higher than 37.5℃ are kindly asked to refrain from visiting.

・Disinfection of the audience seats before each show.

・Air ventilation before and after each show.

・Seats are placed keeping a good distance at half-capacity.

 

“DANCERS Drama Company”
is the drama project by dancers, which sprung from “Dance Strategy Meeting”. It explores the possibility of dance within dramas, not by using theatrical methodology in the framework of dance but by practicing drama as it is.
It aims at performing several representative Japanese modern plays in chronological order, by the members’ own direction and performance.

 

Hosted by Dance Strategy Meeting

Subsidized by
Arts Council Tokyo Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture
Public Interest Incorporated Foundation Zenkoku Zeirishi Kyoeikai Arts Foundation