神村恵 公式サイト

過去の作品 (2008-2009)

配置と森

配置と森
photo by 松本和幸

初演
2008年12月
会場
STスポット
上演時間
70分
概要
美術家・出田郷との協働作品。出田の作った細長い光の線を発する16個の白い箱と、4人のダンサーの身体をSTスポットという箱状の空間に様々に配置していく。
関係を反転させたり、役割をランダムに入れ替えることによって、ものと人、見る側と見られる側、内と外、というような境界線を揺らがせることを試みている。見る・見られるという関係を舞台の中に多層に作り、それによって舞台と観客の境界線を相対的に低くしていく。

どん底

どん底
photo by 松本和幸

初演
2008年2月
会場
BankART1929 Yokohama
(STスポット主催The Ground-breaking 2008として公演)
上演時間
70分
概要
底辺から這い上がる。一番スリリングな時間の始まり。
手に取れるイメージは既に死んでいて、もう誰の身体も動かさない。
それを捨てて、勘だけを頼りにただ身体を使うこと。
そういう身体をできるだけでたらめに並べること。
そこからしか、新しいイメージは立ち上がらない、と今は思っています。