知らせ / Tidings

乳歯 <知らせ>

初演  2016.3  森下スタジオ
コンセプト・演出・出演  神村恵 津田道子
上演時間  60分
主催 吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会

「知らせ」は、神村恵(振付家)・津田道子(美術家)による、劇場作品が成立する仕組みを考える試みである。
劇場では、何かの振りをする演者がおり、その行為や出来事を目撃する観客が存在する。両者は、演じられているものが嘘だと了解しつつ同時にそれを信じることで、劇場作品というものが成立する。
この作品では、劇場体験・劇場作品を構成する要素、半ば無自覚に共有されているルールを、二人の演者が対話しながら、一つずつ検証し、組み立て直していく。

—–
“Tidings” (as babytooth)

Premiered  2016.3 at Morishita Studio,Tokyo
Concept/Direction/Performance  Megumi Kamimura, Michiko Tsuda
Duration  60 min.
Production  Azumabashi Dance Crossing Committee

“Tidings” is an attempt by Megumi Kamimura (choreographer) and Michiko Tsuda (visual artist) to consider the mechanism of theatrical performances.
In theater, performers pretend to do something as someone (something) else, and the audience watch those acts or events. Both of them understand that the performances are “lies”, but they nonetheless believe in them. Such complicities make the theatrical performances function properly.
In this piece, two per formers continue a dialogue to examine and reconstruct the elements of theatrical experience/performance, and the rules which are shared almost unconsciously.

© Kazuyuki Matsumoto

“知らせ / Tidings” への1件の返信

コメントは受け付けていません。