前後《subjunctive mood lesson (仮定法のレッスン)》 のためのなぞり描き的なガイド

前後(神村恵+高嶋晋一)
《subjunctive mood lesson (仮定法のレッスン)》 のためのなぞり描き的なガイド

1
A:あなたは右手を出さなかったために左手を出した。
B:あなたは言葉を発さなかったために左手を出した。

2
A:もしもここに穴があったら、と仮定することなしに、あなたは穴を飛び越えることができない。
B:もしもそこに私がいたら、と仮定することなしに、あなたはそこがあることを想像することができない。

3
A:テーブルの上にリンゴがある。
B:あなたはテーブルの上にリンゴがあるにいる。

4
A:もしも地面があなた自身の体より大きくも小さくもないものだとしたならば。
B:もしもあなたがいまここにいることが前提条件ではなく、実現すべき行為だったとしたならば。

5
A:気分が法になる。
B:法が気分になる。

6
A:もしも感覚を手離してしまったのなら、あなたは立ち止まらなければならない。
B:もしも感覚されているものしか感覚していなかったのなら、あなたは感覚を手離さねばならない。

7
A:幾層にも重なった面を一枚ずつ剥いていくように、あなたは見る。
B:立体物を転がし続けてその裏側を確かめるように、あなたは見る。

8
A:もしも終わりがあることがあらかじめ知らされていなければ、あなたはそれをやり続けはしないだろう。
B:もしもいつ終わるかをあらかじめ知らされていたら、あなたはそれをやり続けはしなかった。

9
A:伸ばし続けると、そのうちどこかで切れる。
B:切ったら、切ったところから伸びてくる。

10
A:もしもさっき触ったモノと、いま触っているモノと、これから触るモノが、同じ一つのモノでないとしたならば。
B:もしも何かを見ているあなたと、何かを触っているあなたと、何かを使っているあなたが、同じ一人のあなたでないとしたならば。


——
2019.4.14 Mitaka!SCOOL!!2ndAnniversary!!! @SCOOL
前後(神村恵+高嶋晋一)によるパフォーマンス《subjunctivemoodlesson (仮定法のレッスン)》にて配布したテキスト

カテゴリーText