神村恵 公式サイト

公演情報(アーカイブ)

Whenever Wherever Festival 2010 にてワークショップ 「神村恵|空間と自分を見比べることから」

日時
2010年6月15日(火) 17:30〜19:30
2010年6月18日(金) 17:00〜19:00
会場
森下スタジオ(地下鉄都営新宿線、都営大江戸線「森下駅」より徒歩5分)
料金
2回通し:4,000円(※通し受講の方を優先します)
概要
体を空間に置く、という今までずっとやって来たことを、丁寧にやり直したいと思います。
自分と空間の何かとの距離を測る
体の中に勝手に異空間を作る
内部の空洞と体と外界の3つを見比べる
その感覚を言葉にする
言葉で指示を変えがら、その状態を維持する/変化させる
というようなことをやってみます。
自分を相対的に見るという、普段無意識に働かせている感覚を掘り起こしていき、体と意識の距離を伸び縮みさせることを試みます。

小金井アートセンター(仮)プレオープニングイベント! 「空き地 vol.1」

日時
2010年5月28日(金) 開場19:30 開演20:00
5月29日(土) 開場17:30 開演18:00
会場
小金井アートセンター(仮)(シャトー小金井2階)(JR中央線「武蔵小金井」駅より徒歩5分)
出演
神村恵 / 捩子ぴじん / 井手実 / 手塚夏子 / 梅田哲也
料金
前売・当日とも1800円(1ドリンク付き)
主催
神村恵カンパニー
共催
小金井アートフル・アクション!
概要
都会と田舎の狭間にある未知数の土地、小金井をアーティスティックに活性化すべく、あやしげな磁場が支配する"シャトー小金井"2階に小金井アートセンター(仮)が満を持してオープンします!
「空き地」は、この新しい秘密基地で行われる、あけっぴろげで、きっかいで、ちみもうりょうなイベントです。

「深川ダンスチョロッシング」に出演

日時
2010年5月4日(火) 開場・上映会18:00 開演19:00
5月5日(水) 開場・上映会14:00 開演15:00
会場
SNAC(東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線「清澄白河」駅より徒歩4分)
出演
4日 篠崎芽美 / ほうほう堂 / Line京急
5日 泉太郎 / 神村恵カンパニー(神村恵、福留麻里、捩子ぴじん) / KENTARO!!
料金
2000円
概要
「吾妻橋ダンスクロッシング」がコンセプトをそのままに、SNACにて開催決定!
2日間に渡って3組ずつ計6組が登場し、10分〜20分程度の小作品を発表いたします。
同時にこれまでの「吾妻橋ダンスクロッシング」公演映像も初上映!

「しゃべるダンス? おどる演劇?」神村恵・白神ももこ・岡田利規トークセッション

日時
2010年4月29日(木・祝) 開場17:00 開演17:30 チェルフィッチュ『クーラー』上映
18:00頃〜 プレゼン&トーク
会場
SNAC(東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線「清澄白河」駅より徒歩4分)
トークゲスト
神村恵 / 白神ももこ / 岡田利規
料金
1500円
概要
コンテンポラリーダンス界に衝撃を落としたチェルフィッチュの短編作品『クーラー』の拡張版『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』の開催を前に2005年版『クーラー』を振り返るとともに、ゲストに神村恵、白神ももこ(モモンガコンプレックス)を迎え、トークセッションを行います。
現在進行形で身体/ことばと切り結ぶ、初顔合わせの3人のトークに乞うご期待!神村、白神の自作品のプレゼンテーションもあり!

パフォーマンス・シリーズ トランス/エントランスvol.9 神村恵カンパニー 「385日」

日時
2010年3月25日(木) 開場19:30 開演20:00
会場
世田谷美術館 エントランス・ホール(東急田園都市線「用賀」駅より徒歩17分)
振付
神村恵
出演
福留麻里 / 捩子ぴじん / 神村恵
料金
予約・当日とも2000円(中学生以下無料)
※乳幼児のご入場はご遠慮下さい。
定員
100名
概要
世田谷美術館のエントランス空間を、若手アーティストの実験的なパフォーマンスの場にする注目のシリーズ、「トランス/エントランス」。
第9回は、身体と空間の関係を考察し続け、新境地を切り拓きつつある振付家・ダンサーの神村恵が登場します。

神村恵カンパニー 「配置と森」 再演

神村恵カンパニー 「配置と森」

日時
2009年12月22日(火) 20:00〜
12月23日(水・祝) 16:00〜 / 20:00〜
会場
六本木Super Deluxe
振付
神村恵
美術
出田郷
音楽
大谷能生
出演
石田陽介 / トチアキタイヨウ / 福留麻里 / 山縣太一(チェルフィッチュ) / 神村恵
料金
前売 2500円 / 当日 2800円
※別途ドリンク代 700円をいただきます。
概要
08年12月STスポットにて上演した「配置と森」から1年経た、新バージョン。
ものと人と空間が互いに迷い込み、浸食し合う。
今回やるのは、その浸食具合をぐいぐい深めることだけ。

ARICA 新作公演 「Tsukai」

日時
2009年11月6日(金) 20:00〜
11月7日(土) 18:00〜
11月8日(日) 16:00〜
会場
川崎市アートセンター(新百合ヶ丘)
演出
藤田康城
出演
安藤朋子 / 神村恵 / 栩秋太洋
料金
前売 3500円 / 当日 4000円 / 学生 2500円

停電EXPO

日時
2009年10月31日(土) 19:30〜
11月1日(日) 19:30〜
※開場 19:00
会場
新港ピア

アクセス
みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」から徒歩10分
JR・市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩15分

概要
注目の若手アーティストたちによる、光と音と映像、身体とメディアをめぐる実験的パフォーマンス。
21世紀の映像と芸術のあり方を問う、衝撃のオープニングパフォーマンスです。
出演
梅田哲也、神村恵、contact Gonzo、捩子ぴじん、堀尾寛太
主催
「停電EXPO」制作実行委員会
共催
ヨコハマ国際映像祭2009
入場料
1500円(税込/全席立見)

神村恵 新作ソロ公演 「次の衝突」

神村恵 新作ソロ公演 「次の衝突」
詳細情報(チラシ裏面)のPDF版はこちら

日時
2009年10月16日(金) 20:00〜
10月17日(土) 15:00〜 / 19:00〜
※受付開始は開演1時間前、開場は開演30分前。
会場
現代美術製作所(東向島より徒歩3分)

アクセス
※渋谷方面から・・・東京メトロ半蔵門線「南栗橋」方面行きに乗り、
「曳舟駅」で降りたホーム向かいの電車に乗り換え、
東武伊勢崎線「東向島駅」下車。
※浅草から・・・東武伊勢崎線 各駅停車/区間準急/区間急行で
3つ目「東向島駅」下車。
(ただの準急は「東向島駅」には止まりません)

+
美術家・小林耕平と神村恵によるビデオ作品を会場内の別の部屋にて上演します。
各回開演1時間前から、また終演後もご覧いただけます。
振付
神村恵
出演
神村恵 / 岸井大輔
スタッフ
照明 中山奈美 / 音響 牛川紀政 / 音響操作 林あきの / 写真撮影 松本和幸 / 制作協力 大平勝弘
協力
現代美術製作所
料金
前売 2500円 / 当日 2800円

実験ユニット

実験ユニット 「身体感覚ストーミング」

日時
2009年9月15日(火)、16日(水)、17日(木) 19:30〜21:00
会場
Art Center On Going(吉祥寺より徒歩10分)
参加費
1回 800円
定員
各回 15名限定
概要
手塚夏子と神村恵が、互いの身体感覚を探ったり、試してみたりする回です。
二人が勝手に稽古してるので、それを覗くだけでも、一緒にやってみるのもありです。質問ももちろん歓迎します。
ワークショップでもレクチャーでも稽古でもない、どこに転がっていくかわからないストーミングの時間。

実験ユニット 第4弾 「毛穴の高気圧」

日時
2009年9月26日(土) 16:00〜 / 19:30〜
9月27日(日) 16:00〜
※開場は開演の20分前
会場
Art Center On Going(吉祥寺より徒歩10分)
定員
各回 30名限定
振付・出演
神村恵 / 手塚夏子
料金
前売 2000円 / 当日 2500円