UENOYES寄席―「笑うしかない状況」について― / UENOYES Vaudeville – All you do is laugh.

「UENOYES寄席―「笑うしかない状況」について―」
公開稽古・意見交換会

日時:2019年2月25日(月) 入場11:45 開演12:00
会場:お江戸上野広小路亭(台東区上野1丁目20-10上野永谷ビル)
木戸銭:無料(出入り自由)

時間:前半 12:00~14:00/後半 14:10~16:30
12:00 磯崎未菜(美術家)
12:25 田中偉一郎(美術家)
12:50 三遊亭遊子(落語家)
13:15 村田峰紀(美術家)
13:35 意見交換会 
    ゲスト:宮信明 早稲田大学演劇博物館 講師
14:00 仲入り
14:10 三野新(写真家・舞台作家)
14:35 神村恵(振付家・ダンサー)
15:00 江戸家まねき猫(動物ものまね)
15:25 小林・山形(美術家)
15:50 意見交換会
16:30 終了

美術家の小林耕平企画による「UENOYES(ウエノイエス)寄席ー『笑うしかない状況』についてー」の公開稽古・意見交換会を行います。
「寄席」という場は、社会システムからこぼれ落ちてしまう人情や、社会の秩序を破壊しかねる出来事を主題として扱い、その場に居合わせる人々が共に笑うことで社会の多様性を担保する場として機能してきました。「笑うしかない状況」を笑うベテランであるお江戸上野広小路亭の常連客と、私たちが無自覚に前提としてきた秩序に懐疑的になることを得意とする美術家が、落語家や芸人と一緒になる場を開くことで一層多様な人々が集える機会を創出し、障害のある方や文化背景の異なる人々、誰もが一緒に楽しめる新しい寄席をつくり上げることを目指します。

問い合わせ:上野文化の杜新構想実行委員会 
電話:03-5834-2396 
主催:上野文化の杜新構想実行委員会、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:お江戸上野広小路亭

※一度に50名以上の方が来られた場合は入場制限させていただくことがあります。

広報デザイン:大西正一

—–
UENOYES Vaudeville – All you do is laugh.
Open Rehearsal/Discussion

Date&Time:Feb.25.2019 (mon) open11:45 start12:00
Venue:Oedo Hirokouji-tei(Taito-ward Ueno1-20-10 Ueno Nagatani Bld.)
Free entrance

Time table: First half 12:00~14:00 / Second 14:10~16:30
12:00 Mina Isozaki(Artist)
12:25 Iichiro Tanaka(Artist)
12:50 Sanyutei Yuko(Rakugo storyteller)
13:15 Mineki Murata(Artist)
13:35 Open Discussion 
    Guest:Nobuaki Miya (Waseda Univ.)
14:00 Intermission
14:10 Arata Mino(Photographer/Theater artist)
14:35 Megumi Kamimura(Choreographer/Dancer)
15:00 Edoya Manekineko(Animal mimicry)
15:25 Kohei Kobayashi+Ikuhiro Yamagata(Artist)
15:50 Open Discussion
16:30 End

“UENOYES Vaudeville – All you do is laugh.” is designed by Kohei Kobayashi, visual artist.

“Yose” is the traditional comedy theater in Japan enjoyed by common people. Such comedies deal with human empathy, or the themes that could shake social order, to guarantee the diversity of the society.

Inquiry: Implementation Committee for New Concept “Ueno, a Global Capital of Culture”
Phone:03-5834-2396 
Organized by: Implementation Committee for New Concept “Ueno, a Global Capital of Culture”; Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)