西国分寺スタジオプロジェクト|Nishi-Kokubunji Studio Project

東京都国分寺市にある古いマンションの一室を改装し、小さいスタジオを作るプロジェクトをおこなっています。

このプロジェクトは、大きく三つの動機からスタートしました。
・神村自身の活動の拠点となる場所を作りたい
・作る作業を通して動くことを考えたい
・場所を作る機会を他の人たちにも開きたい

自分の動きの痕跡として環境が作られ、それに自分もまた動かされるという関係に関心があることから、近年そのような作品をつくってきました。場所を使いそこで何かを行うことと、場所を作ることを連続的に捉えたいと考えています。

また、時間を区切って場所を借り、練習や創作をすることを、これまであまり不便だと思わずに活動してきましたが、ある場所に身を置くことと、自分自身がそういう場所を作ったり変更を加えたりすることが、あまりに切り離されていることに疑問を感じてもいました。
自由に手を加え、使える場所を持つことで、自分が前提としてきた考え方や身体のあり方が、変化するのではないかという期待があります。

この場所については、自分の活動拠点とするだけでなく、表現に関わっている人たちになるべく場を開いていきたいと考えています。
稽古やミーティング、パフォーマンス、展示などもできるスペースにしていければと思います。
名前はまだ決まっていません。

昨秋、具体的に物件を決める段階から、建築家の山川陸さんに改装について相談し、検討を重ねてきました。そして、この改装作業プロセスを、他のアーティストたちにも参加してもらい、場所を作りながら作ることを考える”ゼミ”のようなプロジェクトとして行いたいと考えました。
専門業者に依頼すれば、早く確実に快適な場所を作ることができます。今回は、時間はかかっても、建築について経験や知識がそれぞれ異なる人たちが、必要なところは専門家に学びつつ実際の作業を行うことを通して、建物を見る目や作る技術を身に付ける機会、自分が場所にいることとその場所を作ることを地続きにしていく機会にしたいという、結論に至りました。

神村との定期的なディスカッションを踏まえ、室内及び工程の設計、現場の指揮指導を山川さんがおこなっています。
また、場所を作ることに関心のある方々に声をかけ、改装メンバーとして工事に参加してもらっています。それぞれ、自分で場所を作ったり、運営していたり、何かを作ることで身体について考えたりしている方々で、メンバーの間で話すこと、手を動かすこと、見ることを行ったり来たりしながら、工事をおこなっています。自分自身にとって(おそらく他のメンバーにとっても)、この場所を作ることが同時に自身の身体や思考を作り替えつつあることを、面白く感じながら進めています。

3月から本格的な工事を開始し、順次作業を進めています。
7月にはオープンスタジオをおこなう予定です。

今後の場所の使い方や運営の仕方はまだ全くの未知数で、さらに工事を進めながら、そして実際に場所を使いながら、面白いやり方を見つけていきたいと思っています。

今後の展開に、ぜひご注目いただければ幸いです。

神村恵

ーーー

西国分寺スタジオプロジェクト

<発案>
神村恵(ダンサー・振付家)

<設計・監督>
山川陸(建築家)

<改装メンバー>
神村恵(ダンサー・振付家)
木村玲奈(ダンサー・振付家)
土屋光(SCOOL店長)
前澤秀登(写真家)
村社祐太朗(演劇作家)
など

<電気工事>
坂川弘太(さかがわ電氣主宰、ミルク倉庫+ココナッツ所属)

助成:公益財団法人セゾン文化財団